9.07.2015

古道具入荷 2015.9.7


帰宅時間のあまりの寒さに、今日からニットで完全防備です。
通勤時は暑くて倒れそう。服選びが難しい季節です。
手持ちの衣類は元々少なく、去年の今頃は一体何を着て暮らしていたんだと、毎度不思議でならないものです。
さて、本日も古いものをご紹介。
まずは朝鮮より、紙製の台皿から。


紙縒細工はよく目にしていましたが、このような器には初めて出会いました。
木はとても貴重なものであり、紙も同様に大切にする文化が根付いていたようです。


八角の台皿。木に見立てたのでしょうか。
紙で皺を作り、独特の表現で質感を表しています。


中に厚紙を入れ、和紙に近い柔らかな手触りの紙で全体を覆っているようです。



1950年代頃のものと思われます。
現代にも通用するアート作品のような空気も感じられます。


旧暦の8月15日は十五夜。
今年は9月27日がその日にあたるとのこと。
お月見飾りに味わいのある台皿、いかがでしょう。

紙製台皿 朝鮮
size : 21.5cm × 21.5cm × 高さ7.5cm
stock : 1→0
price : ¥9,000(税込)(SOLD OUT)


江戸後期、山水文鉢です。
間を取った構図と、口縁が上品な器。


お写真よりも、もう少し濃いめの呉須です。


蛇の目高台。


こちら側から見る文様も、シンプルで良い雰囲気。


しっかりとした深さがございますので、煮物や鍋の取り鉢に使い勝手が良さそうです。
それぞれに少々大きさが異なります。
ご希望のお客様にはお写真をお送りさせていただきます。



鉄釉の口紅が施された上手の器。
こっくりとした艶のある温かな色味です。


伊万里染付山水文鉢 江戸後期
size : 直径14.5cm × 高さ4cm
stock : 5→0
price : 各¥3,800(税込)(SOLD OUT)


優しいたまご色の小皿を。


線の細い竹がリズム良く描かれた一枚。
京都、粟田焼の小皿です。明治頃のものと思われます。


ほんのりと黄味を帯びた肌で、温かな冬の食卓にもぴたりとはまります。



菓子皿、薬味皿、おつまみ皿におすすめです。

粟田焼 竹小皿 明治
size : 直径9.5cm × 高さ2cm
stock : 5→3
price : 各¥2,000(税込)


こちらも京焼かと思いましたが、瀬戸で焼かれた器のようです。
青い月に時鳥。
可愛らしいお顔で自由に飛び回る様が描かれています。



深さがございますので、用途は更に幅広く。
数も揃っておりますので、ご家族揃いでお使いいただくのもおすすめです。


月に時鳥小皿 大正
size : 直径10.3cm × 高さ2.8cm
stock : 11→0
price : 各¥2,200(税込)(SOLD OUT)


最後は磁器人形をご紹介です。


兵隊さん。
にこやかな表情です。


全体的に、制服には着色が施されていません。
白磁の艶のある肌です。



手乗りサイズで、飾る場所も選びません。
本棚などにさりげなくしのばせたい。

磁器人形 兵隊
size : 横3.8cm × 幅3cm × 高さ8.7cm
stock : 1
price : ¥2,800(税込)


こちらは小さな小さな犬の人形。
寝そべっているような姿。


後ろ足の部分は焼いた際のくっつきが見られます。
若干歪みはございますが、きちんと独立していますのでご安心を。


ふわふわとした毛の表情が細かに表現されています。

磁器人形 犬
size : 横4.7cm × 幅1.8cm × 高さ2.9cm
stock : 1→0
price : ¥1,500(税込)(SOLD OUT)

▲オンラインストア掲載までお時間がかかります。
遠方にお住まいのお客様は、お電話、メール、FAXでのご注文も可能でございます。
メールの場合は詳しいお写真を添付させていただくこともできます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ENIGME 金沢市のアンティークと作家の器の店 エニグム
MAIL : info@enigme.jp
TEL&FAX: 076-255-7759

0 件のコメント:

コメントを投稿