5.30.2015

古道具入荷 2015.5.30


先ほどから小雨のお天気へと変わりました金沢。
珍しく晴れの日が続いていたので良い小休止です。
来週末の百万石まつりに向けてか、今日は町内の皆さんが店の前に集まってお祭りの準備をしています。
恥ずかしながら百万石行列はテレビでしか見た事が無いのですが(こういう金沢市民は多いはず)
夜に行われる薪能はここ数年、祭りの一番の楽しみとなりました。
そしてお能を拝見した後は、気取らない寿司屋で一杯、がこれまた最高なのです。

さて本日は、麦藁手の豆皿からご紹介。


とても小ぶりの豆皿。白洲正子好みの麦藁手。
ほんのりピンクがかったベージュとブルーのラインが良いバランスです。


裏は釉がかかっていないところも。
素朴な土そのものの色味、質感が感じられます。


立ち上がりはほんの少しだけ。


お茶うけの豆菓子や昆布など。手塩皿や薬味皿にもぴったりです。
とっても小ぶりですので箸置きとしてもお使いいただけます。


麦藁手豆皿 江戸後期
size : 直径6.8cm × 高さ1.2cm
stock : 4→0
price : 各¥3,800(税込)(SOLD OUT)


今の季節に似合う、涼しげなガラスの徳利です。


色絵で鶴と亀の文様が施され、何ともおめでたいものです。
ガラスの肌はうっすら鎬になっています。


大き過ぎないサイズですので、小さな盃とともにちびちびと酒を味わいたい。


口縁に一カ所、小さな直しが見られます。


洗う際に擦り過ぎると、色絵が剥げてしまう場合がございます。ご注意くださいませ。



きりりと冷やした冷酒のうまい季節です。

鶴亀文ガラス徳利 大正〜昭和
size : 直径5.8cm × 高さ15.2cm
stock : 1→0
price : ¥2,800(税込)(SOLD OUT)


はっとする程に鮮やかな黄色の珉平。
注文品、はたまた輸出用でしょうか、ちょっと珍しい小壺のご紹介です。


しっかりとした深さのある壺。


珉平らしいすっきりとした高台です。



ふっくらとした肌には上品な艶がございます。
塩筍として使ってみては。別途で蓋を付けてみても良いかもしれません。


銀直しが口縁に二カ所ございます。



珉平の小皿や変形の豆皿もございます、後日ご紹介をさせていただきますのでお楽しみにです。

珉平小壺 幕末〜明治
size : 直径9cm × 高さ6.7cm
stock : 1→0
price : ¥5,500(税込)(SOLD OUT)


日本を代表する青磁のひとつ、幕末の三田青磁文皿です。
柔らかな緑釉が涼しげでとても上品な空気が感じられます。


猿、鹿、鳥、草花の文様が陽刻で描かれています。
どれも非常に状態の良いものです。



菓子皿、醤油皿におすすめのサイズです。


どれもしっかりと文様が浮かび上がっています。


店内の器が充実して参りました。
次回は器以外にも色々とご紹介させていただきます。

三田青磁猿鹿鳥文皿 幕末
size : 直径10.8cm × 高さ2.2cm
stock : 5→0
price : 各¥4,800(税込)(SOLD OUT)

▲オンラインストア掲載までお時間がかかります。
遠方にお住まいのお客様は、お電話、メール、FAXでのご注文も可能でございます。
メールの場合は詳しいお写真を添付させていただくこともできます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ENIGME 金沢市のアンティークと作家の器の店 エニグム
MAIL : info@enigme.jp
TEL&FAX: 076-255-7759

0 件のコメント:

コメントを投稿