4.30.2015

古道具入荷 2015.4.30


今朝は慣れない4時起床で、只今体感的に23時くらいでしょうか。
早起きは三文の徳ということをひしひしと感じております。
お参りは朝の早い時間にと、骨董の先輩が言っていた事を思い出しました。
守り神のお神明さんへ6時台にお参りしたのは初めてでしたが、澄み切った空気のうまいこと。
三日坊主にならなければ良いのですが。

さて本日は布ものからご紹介。
丁寧な刺し子が何とも微笑ましい。インドのものです。


刺し子ものだったら、カンタが好きでよく手に取ってしまいます。
良いお値段なのでいつも見ているだけだったりするのですが
こちらインドの刺し子もおおらかで良いものです。


厚手で袋状になっています。


紐が一本付いています。


二重にすると鍋つかみにもできます。

刺し子の袋 インド
size : 28.5cm × 25cm 
stock : 1→0
price : ¥4,500(税込)(SOLD OUT)


ころんとした可愛らしい竹の籠。
大正から昭和にかけてのものと思われます。


華奢な持ち手。


細く裂いた竹で、細かに編まれています。
帽子のように乗った蓋がまたとぼけた雰囲気で。


燻した竹かな?と思いましたが塗られているものかもしれません。


内側には紙が貼られています。




手に取るとまるでバッグのような籠。
眺めているだけでも楽しくなってしまいます。

籠 大正〜昭和
size : 直径21.7cm × 高さ20cm(持ち手含む)
stock : 1
price : ¥4,000(税込)


砥部焼の小皿、明治から大正頃のものと思われます。
鮮やかな呉須の色が目をひきます。


くらわんかとして作られたものでしょう。
灰色がかった素地に厚手の作り。


素朴な高台。


無釉の部分に古色がついて良い味わいに。



砥部焼小皿 明治〜大正
size : 直径12.3cm × 高さ3.5cm 
stock : 1→0
price : ¥3,000(税込)(SOLD OUT)


東洋陶器の小さなコースター。
花の文様、オレンジのラインがきりっと引き締めてくれます。


とっても小ぶり、小さなガラスの盃など似合いそう。
醤油皿としてもお使いいただけます。


東洋陶器のマーク。


しっかりとした深さがあります。


立ち上がりの部分には光で上品に煌めく加工が施されています。
シンプルなコースターのアクセントに。


東洋陶器コースター 大正〜昭和
size : 直径6.8cm × 高さ1.5cm 
stock : 3→0
price : 各¥1,200(税込)(SOLD OUT)


イギリスのフォーク。
しっかりとした重さが手に馴染みます。


持ち手部分には羽根のように小さく飛び出た部分が。
このおかげで、滑らずにしっかりと握れるのです。


裏面には刻印が施されています。



ケーキ用に丁度良い少々小ぶりのサイズです。

カトラリーフォーク イギリス
size : 全長17cm × 幅2.1cm
stock : 4
price : 各¥1,800(税込)


良い表情に育った水筒。大正から昭和頃のものと思われます。


金属部分は銅のような色合いに。
全体に薄い布が巻かれています。
水が付くと剥がれる可能性がございます、ご注意ください。


このマークかっこいいですね。


蓋だけでも絵になったり。


中はガラスの魔法瓶、意外と綺麗で驚きです。


水筒 大正〜昭和
size : 横10.5cm × 幅7.2cm × 高さ24cm 
stock : 1→0
price : ¥2,800(税込)(SOLD OUT)


最後はスリップウェアの陶片を三つ。
18世紀頃のものです。
繊細な線でリズムよく描かれています。


裏も裏で好み。


大きな陶片は器になりますが、この位に小さな陶片は箸置きに。


どんな器だったのだろうと、ひとつひとつのキズに思いを馳せながら。
しげしげと眺めつつ、またもや収集欲をくすぐられるのであります。


スリップウェア陶片 18世紀 イギリス
size : 大 6cm × 4cm など、小 4cm × 3.7cm
stock : 3
price : 写真一枚目より上から¥1,800、¥1,000、¥1,800(税込)

▲オンラインストア掲載までお時間がかかります。
遠方にお住まいのお客様は、お電話、メール、FAXでのご注文も可能でございます。
メールの場合は詳しいお写真を添付させていただくこともできます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ENIGME 金沢市のアンティークと作家の器の店 エニグム
MAIL : info@enigme.jp
TEL&FAX: 076-255-7759

0 件のコメント:

コメントを投稿