7.04.2014

白磁四耳壼


久しぶりの古いもの紹介。
中国の白磁四耳壼。中国、唐時代のものです。


四つの耳が付いているので、四耳壼(しじこ)と呼ばれています。
口の捻り返しの部分は恐らく、後々に削り取られているものだと思われます。
このタイプの壺は口がカケやすいので、削り取られて平らになっているものをよく目にします。


黄色みを帯びた白磁。


釉は三分の二ほどまでかけられています。


口は、女性の手が入るほどの幅です。
落としを入れて花器としてお使いいただくのもおすすめです。


ところどころにかせた部分が見られますが、なかなか良い表情です。
艶が有り過ぎるものより、この位の方が個人的には好ましくもあります。



大きすぎない適度なサイズですので、インテリアにもすんなりと馴染むかと思います。
その場の空気をがらりと変える、独特の存在感です。
詳しいお写真をお送りすることも可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

白磁四耳壼 唐 8世紀頃
size : 直径21cm × 高さ17.5cm 
stock : 1
price : ¥80,000(税別)

▲オンラインストア掲載までお時間がかかります。
遠方にお住まいのお客様は、お電話、メール、FAXでのご注文も可能でございます。
メールの場合は詳しいお写真を添付させていただくこともできます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ENIGME 金沢市のアンティークと作家の器の店 エニグム
MAIL : info@enigme.jp
TEL&FAX: 076-255-7759
URL : http://www.enigme.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿