4.07.2014

八田亨 展 作品紹介 1


今日から少しずつ、個展にて出品されている作品をblogでもご紹介していこうと思います。
まずは先日もご紹介をしたビードロ釉から。
今回、ENIGMEでは初お目見えのシリーズです。


七寸サイズのリム鉢なので、たっぷりと料理が盛りつけられます。


ガラス質の釉がしっかりと溜まったもの。
深いグリーンとまるで古物のようにラフな目跡。
料理を食べ終わったあとに現れる、貫入の入った釉溜まり。
美しい景色が楽しめます。


同じビードロ釉でも、その表情は様々。
ほんのりと優しいグリーンのものから。


柔らかなクリーム色に仕上がった作品まで。
盛りつける料理をイメージしやすい器です。
煮物や炒め物に。

ビードロ釉 七寸リム鉢 八田亨
size : 直径21cm × 高さ6.2cm 
price : ¥4,860(税込)〜¥5,400


こちらは定番で作っていらっしゃる三島手の器たち。
三寸皿、五寸皿、五寸鉢。
年々、三島手の技術が目に見えて高くなってきているのがわかります。


取り皿サイズの五寸皿。
適度に薄手でフラットなフォルムです。


何枚か揃えたい器のひとつ。
和の器ですが、ケーキ皿として使ってみても似合いそうです。

三島手五寸皿 八田亨
size : 直径15cm × 高さ3cm
price : ¥3,024(税込)


こちらは豆皿サイズの三寸皿。
醤油皿や箸置き代わりにつかってみても良さそう。
三島手シリーズは、鮮やかな色味のものが似合います。


三島手三寸皿 八田亨
size : 直径10.2cm × 高さ2.4cm
price : ¥1,620(税込)


五寸鉢は、鍋ものの取り鉢だったり一人分の煮物に。
小さめの鉢はとても便利で、使用頻度の高い器です。



三島手は象眼の技法を用いたもの。
文様を施したのち、くぼみに白土を埋め込み、素焼きをしたあとに釉をかけます。
朝鮮から伝わった技法のひとつです。
ひとつひとつ入った文様のテンポに、作家の個性が現れます。

三島手五寸鉢 八田亨
size : 直径15.8cm × 高さ5.6cm
price : ¥3,780(税込)


三島手の飯碗。
常設でも人気の高い、三島手の飯碗も作っていただきました。


いつもの岸和田の土を使ったもの。
そして金沢での初個展という事で、卯辰山の土を使った飯碗も作っていただきました。


卯辰山の土は、とても挽きやすかったそう。
ちょっと薄手で軽やかな仕上がりです。
しかし、しっかりと底に重心を持たせているので安定感があります。


ご夫婦で購入される方も多いです。
贈り物としても◉

三島手飯碗 八田亨
size : 直径12.8cm × 高さ6.4cm
price : ¥3,780(税込)


人気の高いブドウ灰釉の器も多数出展いただきました。
ブドウの木を燃やした灰で作られたブドウ灰釉のシリーズです。
その時々によって、釉の状態、窯の温度などの変化があります。
いつもはグリーンのみでしたが、今回はブルーがかったものも焼きあがり、店頭に並んでいます。


窯から出した時に、思わぬ方向に面白いものが出来上がっていることがあるそう。
今回もそんな中で出来上がったブルーがかった色味の器なのでした。


すごく絶妙な色なので、自然光のもとでご覧いただく事をおすすめします。


こちらは正統派の深みのあるグリーン。


サイズも様々ですので、お料理に合わせてお好みのサイズをお選びください。
私はこの独特の色味の器に、白和えを盛りつけたい。

ぶどう灰釉鉢 八田亨
size : 直径11.8cm × 高さ4.4cm など
price : ¥2,592(税込)〜


今日の最後は、こちらもブドウ灰釉から。
同じ釉薬で、こんなにも面白い表情を持ったものが出来上がるとは!
個人的にとっても好みの作品です。


八田さんも予想していなかったというこの表情。
自然のままに作られたこの穏やかな表情が大好きです。




小鉢サイズですので、おひたしや和え物、酒の肴など。
春の野菜を楽しみたくなる器です。

ぶどう灰釉4.5寸鉢 八田亨
size : 直径13cm × 高さ4.5cm など
price : ¥2,700(税込)

▲遠方にお住まいのお客様は、お電話、メール、FAXでのご注文も可能でございます。
メールの場合は詳しいお写真を添付させていただくこともできます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ENIGME 金沢市のアンティークと作家の器の店 エニグム
MAIL : info@enigme.jp
TEL&FAX: 076-255-7759
URL : http://www.enigme.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿