5.16.2013

やきものいろいろ


ちいさなやきものをご紹介。
はじめは、京都の朝日焼から。


色とりどり、ひとつひとつがとても愛らしい。
朝日焼は京都の宇治市にて焼かれている焼きもので、主に茶の湯向けの器がさかんに作られています。
こちらはおそらく、煎茶用の湯呑みです。


見込みの状態もそれぞれ。
紫色と緑色には口縁に小さなカケがございます。


高台にはうっすらと「朝日」の文字が。

煎茶湯呑み朝日焼  昭和初期

size : 直径8.8cm × 高さ4.9cm 
stock : 1(4点セット)
price : ¥3,675
(4点のセットとなります。バラでの購入をご希望の方も一度ご連絡ください。)



お次は京焼の豆皿。
横長の六角形。
明治から大正にかけてのものと思われます。


焼き締められた土の質感。


陽刻で鳳凰が描かれています。
緑の中に、深い青が感じられ、小さいながらも趣のある一品。

豆皿京焼 明治〜大正
size : 直径9.5cm × 幅 7.3cm × 高さ1.7cm 
stock : 1
price : ¥3,675



ささ、お次は古伊万里の豆皿。
景色の中に、鳥が一羽、二羽、三羽…
なんともにぎやかな豆皿。


裏にも丁寧に柄が描かれている上手ものです。
裏と表でまたちょっと雰囲気が変わるのも面白いところ。


それぞれに小さなカケがございますので、お求めやすい価格にはなっております。
ご購入後にはカケの部分に金継ぎを施して、これからもずっと長くお使いいただけたら嬉しいです。


カケの状態はそれぞれ異なりますので、詳しいお写真を個別にお送りさせていただきます。
どうぞ、お好みのものをお選びくださいませ。

豆皿古伊万里 江戸中期〜後期
size : 直径8.5cm × 高さ1.3cm
stock : 4
price : ¥525



最後は、昭和中期頃の注文品のカップ&ソーサー。
記念品として作られたもののようです。


手に取ると、質感は少々ざらついた手触り。
らくだに乗ったなんとも異国を感じさせる絵柄と、うっすらと「豊作」の文字。
口縁に描かれた模様といい不思議な魅力です。


ソーサーにも同じ絵柄。
雑な作りで、ところどころにまるで焦げたような、黒く色の乗った部分が見られます。


こちらは恐らく、食器を制作したメーカー。


こちらが制作を依頼した会社のようです。
なかなか面白いカップ&ソーサー。
正統派では無いけれど、こういったものには相変わらず心惹かれてしまう。

カップ&ソーサー 昭和中期
size : カップ 直径10cm(持ち手含む)× 高さ6cm
         ソーサー 直径13.7cm × 高さ1.8cm
stock : 2
price : ¥3,150 、¥2,100 (状態により価格が異なります。)


▲オンラインストア掲載までお時間がかかります。
遠方にお住まいのお客様は、お電話、メール、FAXでのご注文も可能でございます。
メールの場合は詳しいお写真を添付させていただくこともできます。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

mail : info@enigme.jp
tel : 076-255-7759

0 件のコメント:

コメントを投稿